うつみぶろぐ。

日々のえろネタを綴る日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いろいろありました その2

生まれてこの方、一度も入院なんてした事がなかったので
もう超大ショック。
Σ(゚д゚lll)
その上、全身麻酔うって手術しなきゃダメとか
もう何言ってんのこの医者?冗談?ネタ?ボケ?
もー、眼鏡のオネーサン
面白くないこと言って~とか(イミフ
思っても、センセの目はかなりマジ状態。
(`・ω・´)
詳細な説明を受けましたところ・・・

これまで親知らずを抜かずにいたのですが、
どーもそいつが諸悪の根源だったようです。

自分の親知らず(8番)は、手前の大臼歯(7番)を
ぐいぐい押すように水平に生えていたんですね。
んで、そのせいで8番と7番の間に隙間ができて、
歯磨きでは除去できないよーな形で7番の奥側に歯石が
累積していってたみたいなんです。
たまに炎症をおこしてたんですけど、口内炎かなー程度にしか
考えてなくて(数日で炎症がおさまるので)放っておいたんですけど
それが繰り返し発生することで、患部付近の顎部の骨が
吸収された状態になっているよーなんです。

んで、奥歯(7番)周辺の骨が無くなった上で、
その周りには膿の塊(歯根嚢胞)が出来ているという
状況なんだそーです。
かなり深いとこまで膿が溜まってるので、手術で除去する
必要があるとの事なんですが、
2箇所同じような状態になっているので、部分麻酔で
複数回の手術に分けるよりも、全身麻酔を行って
一度にやっちゃいましょうという判断でした。

もー、この話を始めて聞いた時は結構うわのそらだったんですが(笑)
( ゚д゚)ポカーン
自分はこれまで全身麻酔はおろか入院すらした事が無かったので
もう((((;゚Д゚))))状態でした。

まぁ、でも一度入院生活ってのを味わってみたかったし
(色々と妄想)
堂々と会社休めるイイ機会かも?とか思考をポジティブちぇんぢ。
そっから入院までは、毎週のごとく病院で事前検査
(血液検査とかCT撮影とか麻酔適正検査とかetc・・・)
して、6月ついに入院する事になってしまいました。
つづく
スポンサーサイト
  1. 2007/07/05(木) 23:11:55|
  2. 駄文
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<いろいろありました その3 | ホーム | いろいろありました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utsumiblog.blog84.fc2.com/tb.php/19-d020deb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歯根 歯根とは、歯の下部の歯槽骨の中に入っている部分。歯根の表面からセメント質、象牙質、根管という構造になっている。歯根と歯槽骨の間には、歯根膜という繊維状の組織がありクッションになっている。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikip
  1. 2007/07/26(木) 10:41:37 |
  2. 健康な歯をめざして

プロフィール

しまもとうつみ

Author:しまもとうつみ
えろ絵描き。
俺がガンダムだ。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。